スポンサーリンク

 

ブロガーの元祖せりとも(@seri_tomo)です。

 

 

先日、このブログが【5記事】でAmazonアソシエイト直接提携の審査に合格しました\(^o^)/

 

 

これからブログを運営したい、物販アフィリエイトもやりたいという人のためにぜひ参考にしてもらいたいので、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトを行うにあたって最も良い方法と、合格の必勝法をまとめました!

 

こういう人にオススメの記事です☆

  • Amazonと楽天は、直接提携ともしも経由のどちらが良いか知りたい人
  • 非常に厳しいAmazonアソシエイト直接提携の審査に通る条件を知りたい人
  • ブログに著作物画像を引用して載せる際に必要な要件を知りたい人
  • ECサイト・ASP・広告主のアフィリエイトの規約と現状がどうなっているか知りたい人

     

    もしもアフィリエイト経由ではなく、直にAmazonアソシエイトにするメリット

    もしもアフィリエイト経由でやると、Amazonアソシエイトの審査はかなり通りやすいです。

     

     

    Amazonアソシエイト直で審査が通らなかったブログも、もしもアフィリエイト経由で申請したらすんなり通ったという報告もよく聞きます。

     

     

    それなら別に無理して直接Amazonアソシエイトに申請しなくてもいいと思われるかもしれませんが、今は昔と事情が変わってAmazonアソシエイトを直で利用した方がメリットがあります。

     

     

    それをまず最初に説明していきますね。

     

     

    昔は、もしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイト・プログラムを利用した方がメリットが非常に大きかったんです。

     

     

    昔は、Amazonアソシエイトを直接利用すると、紹介料を振り込まれる度に毎回300円の手数料がかかっていました。

     

     

    ブログ運営を始めた最初の頃はいきなり何万円も稼げないと思いますから、毎月振り込まれたとして年間で3600円が手数料で取られてしまうというのは割合としてかなりデカいと思います。

     

     

    これがもしもアフィリエイト経由だと手数料が無料になるんです。それがもしも経由の最大のメリットでした。

     

     

    しかし、2017(平成29)年10月3日のAmazonアソシエイト運営規約改定により、Amazonアソシエイト直でも紹介料の振込手数料が無料となりました

     

     

    紹介料の振込手数料が無料になったというAmazonアソシエイトの運営規約改定のキャプチャー画像

     

     

    これで、Amazonアソシエイトを直接利用してもこの問題はクリアですよね^^

     

     

    うきゃ
    な~んだ、それだけだったらやっぱり審査通しやすいもしも経由でいいじゃん!

     

    元祖
    早まっちゃダメ。ゼッタイ。まだ他にもあるんだよ~

     

     

    さらに、もしもアフィリエイト経由だともらえない紹介料というのがあるんです。

     

     

    よく聞くのが、もしもアフィリエイト経由でも紹介料の料率はAmazonアソシエイトと全く同じで変わらないよ~というもの。

     

     

    でも、実はよく見てみると…

     

     

    もしもアフィリエイト経由のAmazon紹介料率の一覧画像

     

     

    上記は、もしもアフィリエイト経由でのAmazon物販の紹介料率です。

     

     

    コスメが8%で、Amazonギフト券は0%になっていますね。

     

     

    そして下記が…

     

     

    Amazonアソシエイト直接での紹介料率の一覧画像

     

     

    Amazonアソシエイト直での紹介料率の一覧です。

     

     

    もしもでは8%だったコスメが、Amazon直では5%に。もしもでは0%のAmazonギフト券がAmazon直では4%になっています。

     

     

    コスメのことだけ考えるともしもの方がお得ですが、ギフト券を買われるともしも経由だと一円にもならないのが分かると思います。

     

     

    僕はこのもしも経由時のギフト券購入の取りこぼしがデカいと思っています。だからAmazonアソシエイト直にこだわりました。

     

     

    あとは、もしも経由だと報酬が1000円に達成した時点で振り込まれるけど、Amazon直で報酬を現金化だと5000円にまでならないと振り込んでもらえないことをどう考えるかだと思います。

     

     

    少額でもいいからコンスタントに振り込んでほしい! という人はもしも経由が良いと思います。

     

     

    それと、コスメだけもしも経由の方が利幅が大きい件は怪しいなと思ってます。

     

     

    もしもの方にAmazon Echoが載ってないのも…。

     

     

     

    なぜなら、今回色々調べてみて分かったんですけど、アフィリエイトの規約ってメチャクチャだなってことがよく分かったからです。

     

    スポンサーリンク

    Amazonも、もしもも、規約の修正が追いついていない?

    まず、Amazonアソシエイト直での振込手数料が無料になった件ですが、Amazonアソシエイトのヘルプページを見ると、振込手数料は一律300円ですって今でも明記してあるんですよね…。

     

     

    Amazonアソシエイトの報酬の受け取り方法のヘルプページの画像

     

     

    これじゃあ300円かかるのか、無料なのか、どっちやねん! って感じですよね…。

     

     

    規約の修正が追いついてないだけ(←それも嫌ですが)と願いたいですよね。やっぱり300円取られるんじゃないかと不安になってきます。

     

     

    そしてさっきのコスメの紹介料率ですが、まずは守形レイジ(@SugataReiji)さんのブログを見てくだせぇ、ダンナ。

     

     

    ダンナ、気がつきやした?

     

     

    上記のブログは2017(平成29)年の記事ですが、この記事のAmazonアソシエイト直の紹介料率の画像を見ると、コスメが8%になってるんですよ。当時はそうだったんですねぇ。

     

     

    しかもこの記事作成時点では、Amazon直だとたった0.5%のフィギュアでも、もしも経由の紹介料率一覧(上記ブログ記事内の画像参照)だとフィギュアは載ってないから、載ってない物だと2%もらえるという状態でした。

     

     

    しかし、今では、もしも経由の紹介料率一覧でもフィギュアはAmazon直と同じく0.5%になっています。

     

     

    だからコレ、もしも経由のコスメ8%って、昔のAmazon直の利率がそのままそこだけ修正かかってないんじゃないの? とか、いずれ近いうちにAmazon直と同等に5%に引き下げられるんじゃないの? ってメッチャ思っちゃいます。

     

     

    Amazon Echoがもしもに載ってないのも、もしもの規約が追いついていないのか、ギフト券のようにAmazon Echoも特殊な扱いだからなのか…。

     

     

    腑に落ちない点が多すぎますね。

     

     

    そういう意味でも、僕はAmazonアソシエイトと直接提携することにしました。

     

    スポンサーリンク

    【5記事】で不合格になり、著作物画像を取り下げたらそのまま【5記事】ですぐ合格に

    なぜAmazonアソシエイトにたった【5記事】で申請したかと言いますと、ツイッターで検索かけたら5記事で合格したというツイートが結構あったからです。

     

     

    さらに、もしもアフィリエイト経由でのAmazonアソシエイト申請の詳細情報のページに、少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します、と明記されているんですね。

     

     

    もしもアフィリエイト経由でのAmazonアソシエイト・プログラム提携の詳細情報のキャプチャー画像

     

     

    というわけで、最低でも5記事あればAmazonアソシエイト・プログラムに合格できるというわけです。

     

     

    僕はグーグルアドセンスも5記事で合格したので、アドセンスの合格後、Amazonアソシエイトにも申請してみました。

     

     

    その5記事の内容や、その時のブログの状態の詳細は、

    この記事に全て詳しくまとめましたので、こちらもぜひ合わせて読んでくださいね。

     

     

    すると…

     

     

     

     

    比較的厳しいと言われるグーグルアドセンスに合格したにも関わらず、Amazonアソシエイトでは不合格…。

     

     

    Amazonアソシエイト、どんだけ厳しいんですか…。あ、ちなみにアカウントはAmazonで昔から何度も買い物をしているもので申請しましたよ。

     

     

    それと、Amazonアソシエイト・プログラムの規約により、グーグルアドセンス同様、プライバシーポリシーのページに【Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムについて】の記載が必要です。

     

     

    これもグーグルアドセンスの審査の時同様に、あらかじめ記載した上で審査申請しました。

     

     

    Amazonからの不合格の通知には、こう書かれていました。

     

     

    Amazonアソシエイト・プログラムにお申込みいただき、ありがとうございます。

     

    このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申込みを承認することができませんでした。

     

    当プログラムでは、お申込みいただいたWebサイトが下記の項目に当てはまる場合には、ご参加をお断りさせていただいております。

    ====================================================

    1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

     

    2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

     

    3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

     

    4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

     

    5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
    *SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

     

    6. 知的財産権を侵害している場合

     

    7. 露骨な性描写がある場合

     

    8. 未成年の方のお申し込み

     

    その他、プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

    https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t21

    ====================================================

     

     

    この、プログラム参加申請をお断りするサイト例のページに若干補足が書かれていまして、それを読んで戸惑ったのが、

     

     

    ■ 身元情報が不十分である場合
    - アカウント情報の電話番号の初めに「+81」がついている

     

     

    でしたね…。

     

     

    日本は初めに「+81」を付けることになっているのにそれを否定している…。意味が分からん…。

     

     

    ググってみたら、初めに「+81」を付けた場合はその後の最初の0は削除して登録するのが本当だという解説記事もいくつか出てきたので、そのとおりにAmazonアソシエイト申し込み画面に再度入力してみても上手くいかず…。

     

     

    結局ここは全く関係無くて、初めに「+81」を付けて、0も削除しないでそのまま普通に入力することで問題ありませんでした。

     

     

    じゃあ、あとはなんだろう?

     

     

    5記事で合格しているという人も、根拠もある以上、記事数には問題無いはず。

     

     

    しかも、この5記事

    の完成度には自信があって、ブログの最初の5記事がこれ以上凄い人がいたら連れてきてくれと思ってる(笑)ぐらいですし、自殺や殺人といったディープな内容も盛り込んでいるけれども、それを決して助長している内容ではないのでグーグルのポリシー違反にもなっておらず、アドセンスは合格したのです。

     

     

    ですので、ここでヘタに記事数を増やそうとすると審査に通らなかった原因が迷宮入りしてしまうと考えました。

     

     

    となると、あと考えられることは…

     

     

    ■ 法令または他者(社)の権利に対する侵害または違反がある場合
    - 著作権侵害が認められる
    ※使用許諾を得ていない画像や歌詞の転載等が含まれる場合も参加をお断りする場合がございます。

     

     

    これだなーっと。

     

     

    僕の記事、

    には、藤子・F・不二雄先生のエスパー魔美のマンガの画像を埋め込んだツイートが、

     

     

    には、渡邉美樹議員のワタミ経営者時代での狂った発言をマンガにした一コマを、同じくツイートでの引用埋め込みをしました。

     

     

    引用については【合法】であり、それは僕の

    ↑この記事に詳しくまとめているのですが、僕の記事では割愛しましたが、著作物である画像を引用するためには要件を満たす必要があります。

     

     

    それをブログで行う際、最も分かりやすく詳しく書かれているのがkato19(@id_kato_19)さんのこちらの記事でして、

    この記事はブロガー必読ですよっ

     

     

    引用は出所の明示をしなければいけないのですが、僕のやり方(ツイートの埋め込み)だとしていなかったんですね。

     

     


    エスパー魔美 1 (てんとう虫コミックス) [ 藤子・F・ 不二雄 ]

     

     

    このツイッターが藤子プロ公式のエスパー魔美ツイートだったらそのままでも引用の要件を満たすのですが、今回はそうじゃないので、では、出所の明示をするよりも、最初からこの引用画像ツイート自体を取り下げてしまえば審査に受かるかな? と思って、一旦取り下げて申請したところ…

     

     

     

     

    見事、合格。

     

     

    申し込んだその日のうちに合格通知が来ましたよ^^

     

    画像の引用すら認めないという異常な規約

    結果、Amazonアソシエイトがかなり画像の取り扱いにうるさいというのが分かりました。

     

     

    ググると、同様に画像を下げたことによって合格したという人の記事が出てきます。

     

     

    また、AmazonアソシエイトのHOW TO ガイドの画像イメージの活用方法のページを見ていただけたら分かるのですが、このガイドだけ読むと、自分で撮影した写真しかブログには載せられないというような状態です。

     

     

    引用について一切書かれていません。

     

     

    驚いたのが、楽天アフィリエイトの規約です。

     

     

    楽天アフィリエイトの規約のキャプチャー画像

     

     

    引用すら認めないって、そんなバナナ…。

     

     


    【入荷中】アポ山スーパー800【最高級ペンギン印バナナ5本】フィリピンのアポ山で栽培された最高級高原栽培バナナ※御注文順に発送致します

     

     

    前述しましたとおり引用は【合法】ですし、僕のこの記事

    にも書きましたとおり、引用とは、この社会を発展させるために先人達によって編み出された非の打ち所がない許可不要の合理的な仕組みなのに、それすらダメだと否定している。

     

     

    楽天のダンナ…、この規約はおかしいでっせ…。

     

     

    これでは何も表現出来ない世界の到来ですねぇ~。

     

     

    こんなことがあってたまるかぁ~と思っていろいろググってみたら、へちまき(@afikasu567)さんのこんな酷いエピソードの記事が出てきました…。

     

     

    信じられないですよね…、ちゃんと合法的な引用を行っているにも関わらず、アフィリエイト広告主がそれを認めず、ASPまで責任取れないからと答えて契約解除…。

     

     

    ありえません。

     

     

    一体、どれだけ身の保身と保守主義に走ってるんだ。悪質タックル問題の日大の腐った体質以下だわ。

     

     

    第一ですね、引用するために著作権元に許諾取れっていう時点で、もうつじつまが合わなくなるんですよ。

     

     

    なぜなら、引用には許可が不要だから。

     

     

    引用される側は、許可する権利も断る権利も、それ自体が無い。

     

     

    その存在しないものをブロガーにやれっていってるんですから、広告主のダンナはメチャクチャですよ。

     

     

    結局、広告主のダンナもASPのダンナも、万が一(と言っても無いけどね)何か問題になった時に巻き込まれたくないから超保守的になってるってことがよく分かりました。

     

     

    そうしたら、引用画像すらダメと明記している楽天アフィリエイトの審査はAmazonアソシエイトより厳しいのかい? と思いきや、楽天アフィリエイトって審査自体が無いんですよ。

     

     

    もしも経由でも、楽天直でも、両方審査無し。

     

     

    登録した瞬間に即時提携です。もうワケわかめです…。

     

     


    ふえるわかめちゃん 三陸わかめ お徳用 28g

     

    楽天アフィリエイトは将来の審査時の危険性と、最初から現金振込がされることから、もしも経由の方が良い

    ただ、直接の楽天アフィリエイトの場合、将来審査される時があるんですよね。

     

     

    それが、楽天アフィの成果報酬を現金(銀行振込)で受け取りたいとなった場合です。

     

     

    楽天アフィの報酬は楽天ポイントで振り込まれてしまうのですが、3ヶ月連続で月間5,000ポイント以上の成果報酬が発生した場合、全額を銀行振込に変更することができます。

     

     

    しかし、この時に審査があるのですよ。

     

     

    そうなんです、楽天アフィリエイトだけ、最初に登録する時ではなくて、稼げるようになってしばらくしてから審査されるというわけです。

     

     

    こんなおっかねーことないわ。カミナリ親父より怖いよ。今あんまりカミナリ親父いないか。

     

     

    だって、楽天に審査通す頃にはもうブログ運営がだいぶ進んで記事数もかなり増えていて、いろんなこと書いているわけですよ。

     

     

    引用すらしちゃダメって言ってる所が後になって審査するなんて、その時に何を理由にアカウント剥奪してくるか分かったもんじゃないですよ。

     

     

    剥奪された時には、その時に発生していた報酬も没収になります。

     

     

    何十記事もいろんなこと書いて載せてしまってるブログをその時に修正なんて無理ですよ。

     

     

    そんな危険性があるんだったら、最初からもしも経由での楽天アフィの方が安心ですね。

     

     

    しかも、もしも経由であればちゃんと最初から現金化されて振り込まれます。これは大きいですよね。

     

     

    さらに、今はもしも経由でも楽天の高料率に対応してるんです♪

     

    直でAmazonアソシエイトに申し込む際にもう一つ重要な合格記入方法

    今までいいだけ引用画像が原因で審査に通りづらくなると書いてきましたが、Amazonアソシエイトとの直接での提携で不合格となった時に、実はもう一つ、これが原因だったかな? という部分がありました。

     

     

    それが、Amazonアソシエイト申し込み時の記入方法です。

     

     

    申請する時に、下記の画像のように自分のWebサイトの内容や、紹介したい商品を記入・チェックする項目があります。

     

     

    Amazonアソシエイトに申し込む画面のキャプチャー画像

     

     

    で、僕のブログって、僕のプロフィール欄に書いてあるんですけど、ありとあらゆることを記事にしますっていうのをコンセプトにしてる雑記ブログじゃないですか。

     

     

    なので、不合格になった一発目の申し込みの時は、ここのWebの内容の説明欄に、映画や音楽、ゲームやクルマ、家電などの趣味の話や、健康・美容・恋愛、就職や転職、ファッションや芸術、芸能界情報からお金の話まで、自分の人生経験と知識の全てを役に立つお得情報としてオールジャンルで読者に届ける雑記ブログです、って感じで書きまして。

     

     

    どのようなカテゴリの商品を主に紹介する予定ですか? のチェック項目には、僕に縁がないDIY・工具・ガーデンと、スポーツ&アウトドア欄以外は全てチェック入れました。

     

     

    結果、不合格。

     

     

    なので、ここの部分は僕も考えました。今のブログの実績(たった5記事)と、申し込みの内容がかけ離れていたなって。

     

     

    確かにそういうあらゆるジャンルを詰め込んだブログにしていきますけど、それはこれから記事を充実させてこそで、現段階では5記事しかないのに、「Amazonさん! これも紹介できます! あれも紹介します!」と言うのは、現状の僕のブログでは伴ってないな、と。

     

     

    そこで、2回目に申し込んだ時には、この部分を非常にシンプルに、「自分が購入した本やDVDを紹介したいです」とだけ記入し、チェック項目もDVD・ミュージック・ゲームと、本・漫画・雑誌の所だけにチェックを入れて送信しました。

     

     

    そうしたら合格しちゃったんですよね。

     

     

    ただ、それと、前述しました引用の要件を満たしていなかったマンガの画像引用ツイートを引き下げたのとを同時に行って2回目の申し込みをして合格しちゃったので、一体どちらが不合格の原因だったのか分からなくなってしまっていたのが正直なところでした。

     

     

    それで、僕はもう一つ行動を起こしました。

     

     

    Amazonアソシエイト・プログラムは、自分のツイッターアカウントでも利用できるので、自分のツイッターを追加登録したのです。

     

    ネット上の面白画像をコピペして投稿しまくっていたツイッターが即日許可された

     

     

    合格しちゃいました、ハイ。

     

     

    マンガ、アニメ、ゲーム、テレビ放送のキャプチャー、他人が撮った写真、ECサイトの商品画像…。

     

     

    そういうありとあらゆる著作物画像をネタでコピペ投稿(主にそれをネタに楽しくリプライするため)しまくっていたアカウントのツイッターが、その日のうちに合格しました。

     

     

    グーグルアドセンスの審査を通す時には、水着着用画像ですら肌が露出しているということで性的なコンテンツが含まれると判断されるから載せない方がいいと言われているのですが、僕のツイッター(@seri_tomo)は直接的なフルヌードこそないものの、下ネタ画像の宝庫です。

     

     

    でも、3000以上もツイートしていて、Amazonアソシエイトの違反になってそうなツイートはあまりにも数があるので、その一つ一つを全部消すというのはあまりに厳しい作業だったので、まずはこのままダメ元で申請してみたのです。

     

     

    そうしたら、受かりました。

     

     

    これは一体…。

     

     

    ちなみに、Amazonアソシエイト・プログラムを利用するサイトを追加登録申請する場合は、Amazonアソシエイトのお問い合わせフォームに書き込む形になるので、前述の画像とは様式がちょっと違います。

     

     

    お問い合わせフォームには、

     

    これは私のアカウントのツイッターのサイトで、既にAmazonアソシエイト・プログラムに認可された私のブログの更新状況を発信したり、私のブログの読者様や、ブロガー仲間、そして難病に苦しんでいる患者仲間との交流のためのものです。

     

    主に、私が購入したり興味のある本やDVDの紹介のために利用します。

     

    どうぞよろしくお願いします。

     

    と、書いて申し込みました(原文ママ)。

     

     

    これで受かっちゃったということは、実証的には著作物画像の使用どうこうではなくて、申し込み時の商品紹介内容を欲張りすぎずシンプルに絞ったことによって合格が実現したということになります。

     

     

    が、ブログとツイッターで審査基準がかなり違うという風に考えるのが妥当かなとは思います。多分…。

     

     

    僕の場合はブログが先に合格してからのことでしたから、これがまず最初にツイッターを審査してもらったら果たしてどうだったのかというのも謎ですしね。

     

    結論:審査基準などガバガバで矛盾だらけの水物である

    だってさ、こういうECサイトのアフィリエイトの規約には、アダルトな内容のサイトはダメだよ~、登録できないよ~って明記してるんですけど、そうやって言ってるECサイト自体がアダルトグッズや18禁のDVDも売ってるわけだし、それにアフィリエイトリンクを作って張れるようにもなってるんですよね。

     

     

    だから結局、“ほこ×たて”なんですよね。

     

     

    法律と一緒ですね。解釈と適用の仕方はいくらでもあり、揉めた場合は裁判で…。

     

     

    これらの審査を通すのって、車庫証明取るのに今日お巡りさん見に来るから、クルマ停める所広く見えるように今日だけ片付けておかないとっていうのと同じですね…。

     

     

    あなたのサイトがスムーズに合格できることを祈ります。

     

    面白かったと思ったらぜひツイッターでの記事の拡散とフォロー、このブログをブックマークしてくださいね☆

    これからもみなさんのお役に立つ面白い記事を書いていきますので、ぜひこのブログをブックマークしてくださいね☆

     

     

    スマホやタブレットの人は、このブログをホーム画面に追加・ショートカットを作成すると、面白いアイコンが画面に表示されますよ^^

     

     

    ツイッターでも更新情報や、色々なことを発信中です。フォロー(@seri_tomo)と記事の拡散大歓迎です^^

     

     

    さて、次は何を書こうかしらね…。ネットは広大だわ

    Twitterでフォローしよう!